玩具の集合住宅

オーナーの負担を減らすことができる賃貸管理システム

集合住宅

賃貸経営を効率化する

賃貸管理システムソフトを利用すると、賃貸経営の効率化が可能です。ソフトでは契約者情報を部屋と紐付けて登録したり、家賃や不動産会社へ支払う金銭等をまとめて管理できます。また、必要な書類を作成できるソフトや、スケジュールを登録して業務の管理ができるソフトもあります。

男女

不動産会社の大半が導入

賃貸管理システムは、不動産会社が賃貸物件の賃貸管理業務を行う場合に導入する管理システムです。不動産会社の大半が賃貸管理システムを導入しており、賃貸管理業務の円滑な進行や業務効率化を図るために利用しています。

粘土のマンション

背負えるリスクで選ぶ

管理代行システムと借上システムから選べるのが、不動産投資オーナーをサポートする賃貸管理システム。2つのシステムは収益性と安全性が異なります。自分が背負えるリスクを考慮することで、1人1人が最適なシステムを選択可能です。

効率的な投資

男女

不動産投資のポイント

不動産投資を進めていくにあたって問題となるのが、効率性をどのように求めていくかということです。不動産のオーナーだけで物件を管理するには限界があり、なんらかのシステムや関連企業の協力が必要になります。そこで人気となっているのが、賃貸管理システムです。賃貸管理システムを導入すれば、一度に複数の物件管理が簡単に行えます。一人では管理しきれない物件数を対象にできますから、これまでよりも多く稼ぎたいと考えているオーナーに人気となっています。具体的にはどのようなメリットが賃貸管理システムにはあるのでしょうか。ひとつめのメリットは、物件数を際限なく増やしていけることです。物件数が多くなればなるほど、賃料の回収が難しくなります。優良な賃貸人であれば問題はないのですが、なかには賃料を滞納する人もいるのです。そのような場合、オーナーが毎回対応するのは効率が悪くなってしまいます。賃貸管理システムを使っていれば、担当者が滞納者に連絡して賃料を回収します。つまり、オーナーの手間がそれだけ減るわけです。ふたつめのメリットは、遠方にある不動産も投資物件として購入できる点にあります。オーナー自らが物件管理をする必要がないので、現地まで赴かなくても投資が実現できます。賃貸管理システムがオーナーの代わりに賃貸物件を見てくれているのです。もちろん月々の手数料はかかりますが、このようなメリットを考えれば十分にもとは取れます。