硬貨を積む人

オーナーの負担を減らすことができる賃貸管理システム

  1. ホーム
  2. 背負えるリスクで選ぶ

背負えるリスクで選ぶ

粘土のマンション

2つのシステムの違い

いかなる不動産投資も、管理次第で成功の可否が決まります。適した入居者募集が行えなければ、空室に悩むのは確実です。また、家賃を回収しなければキャッシュフローが滞り、物件メンテナンスをしなければ物件価値の大幅な低下を招きます。確実な家賃収入を生み出すために、管理会社のサポートを受けましょう。管理会社は2つの賃貸管理システムを用意しており、オーナーのニーズに沿った選択が可能。より多くの家賃収入を得たい方には管理代行システムが、よりリスクを抑えたい方には借上システムが最適です。管理代行システムは、昔からある賃貸管理システムの代表格。毎月管理費を管理会社に支払いさえすれば、入居者募集から賃貸借契約、入居者対応、退去時の対応、家賃回収、物件管理まで全ての管理サポートを受けられます。また、家賃収入や礼金、更新料をそのまま全額受け取れ、収益性を高められるのも魅力的。ただし、空室リスクはオーナーが負担するため、相応のリスクを負わなければなりません。一方、借上システムは、近年多くのオーナーが選ばれている賃貸管理システムです。物件の管理を管理会社に任せるのではなく、管理会社に物件丸ごと借上げてもらうのが特徴。入居者は管理会社と賃貸借契約を締結するため、又貸しシステムとも言われています。管理会社が空室リスクを負い、オーナーは一定の家賃収入が約束されます。管理代行システムより収益性は劣りますが、安全性が大幅に高まるのが借上システムの魅力です。賃貸管理システムを選択するには、収益性を取るか安全性を取るかをまずは決めなければなりません。年齢や考え、性格、将来の資金計画を考慮し、ご自身に相応しいシステムを選びましょう。特に年齢は非常に重要な要素です。損失を挽回できる時間が残されているかにより、背負えるリスクは大きく異なります。